パートナーシップ

子供を置いて出かける。伝えることに集中しよう

こんにちは、星野紘子です。会社勤めと、自分のビジネスをもっている40代ワーママです。目指しているところは、ボーダレスライフ。今まで当たり前の様にあった平日と休日、旅先と日常などの境を溶かして、私が一番幸せな形の暮らし方をデザインしています。

結果がうまくいかないことを想定していた

相手に自分のやりたいなと思うことを伝える時、「これを言ったら反対されるかもしれない」ということを前提に話していることはありませんか?特に身近な家族(私の場合は夫だったりしますが)にちゃんと自分の気持ちを説明するのは大事だなと思っています。

話す前から「反対されるかも」という気持ちでいると、最初から自分と相手の間に壁と作ってしまいます。壁を作っることを前提だと伝わるものも伝わりませんものね。

7月10日から、オンラインサロンの仲間と広島に遊びに行くことになりました。私にとって、子供を持ってから、というよりも家族を持ってから初めてのお泊まり旅行です。しかも二泊三日。子供たちを実家の母と主人にお願いして、自分のために時間を使うのは初めてなんですね。

最初このことを夫と実家の母に相談するのはとても勇気が入りました。
「反対されるに決まってる」「反対されたらどう説明しようか」

頭から結果がダメなことを想定して、どういう風に認めてもらおうかと悩んでいました

しかし実際夫に話してみると「どうぞ、行ってらっしゃい。なんとかなるよ」、実家の母からも「いつ子供達の面倒みたらいいのかだけ教えて」と、こちらが拍子抜けするくらいあっさり応援してもらえることに。

できることに集中する

その時に感じたのは、私は最初から「きっと反対される」と思って自分から壁を作り、その中にこもって考えたという何とも残念な思考だったなということでした。

今回は結果応援してもらえましたが、自分から壁を作ると応援してもらえるものも応援してもらえなくなることだってありますよね。

仕事などですと、相手にちゃんと説明しようと努力しますが、身近な人だとついついその説明はおろそかにしがちですよね。応援してほしい身近な人だからこそ、きちんと伝えないといけないなと思いました。

私ができることは伝えることだけです。それをどう相手が受け取るかはコントロールすることはできません。自分ができること=伝えることだけに集中する。相手のことは手放す

そして結果はコントロールできないので、一旦は考えない。この人間関係の基本をうっかり忘れていましたので、自戒を込めて、ブログに綴りましたよ。

今日もお読みいただきましてありがとうございます。
受け取ってくださった方に、たくさんの幸せが降り注ぎますように。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら