オンラインサロン

小一の壁、リセットされない私になるための秘訣

ナチュラル・ウーマンCEO
ほしのひろこです。

どんな環境の変化にも
左右されない基盤を
女性には持って欲しい。

変化率の大きい
女性の人生は、
このホームがあるだけで
強くなれるからです。

年長さんの長男が
もうすぐ卒園ということもあり
保育園のママたちと
謝恩会や卒業式の準備をしています。

みんなワーママということもあり
子供が小学校に上がった時の
自分の働き方について
話が出てきました。

家庭じゃできない
ダイナミックな保育が魅力の
保育園と違って、

小学校に上がったら
精神的にも成長著しいので
もう少し寄り添いたい。

でも、仕事は変えられない。

また、学童が終わって
自分の仕事が終わるまでは
時間調整のために
習い事でもさせようか。

遅くまでやっている
習い事はどこだろう。
etc….

こんな会話が
繰り広げられています。

私はとても違和感を
感じたんですね。

何を大切にしたいのだろう?
優先することはなんだろう?

習い事は、
子供達の精神的な成長のために
あるものなのに、
時間調整のためにするの?

仕事を変えられないって
ほんと?

女性は自分が
コントロールできないところで
これまで積み上げてきたものを
リセットすることがあります。

子供が小学校に上がる
タイミングもそのうちの一つ。

リセットしたくなくて
今までのものを死守しようとすると
あちこちにひずみができ
いつの間にか自分が何を
大切にしたいのか
わからなくなる。

「子供の習い事は
 ママの時間調整なの?
 子供の成長のためなの?」

私は働き方を変える時
こんなことを何度も
自分に聞きました。

「私の理想の暮らし方って
 どんな暮らし方だろう」

「どんな働き方をすれば
 私は満たされるんだろう」

「そもそも、私が幸せと感じるのは
 どんな時?
 そのためにどんな働き方が必要?」

何度も自分とおしゃべりをして、
心を深掘りしてきました。

そして、出た結論がこちら。

【家庭:仕事=7:3のエネルギー配分で
 大学卒初任給のお金を
 生み出せる働き方をしたい】

「じゃあ、どのようにして
 それを達成する?」

「目の前のお客様にどんなことをして
 喜んでもらえたら
 お金をいただける?」

情報発信というツールを使い
私は自分の在り方の軸を
見直すことで
理想の暮らし方へ近づく一歩を
踏み出して、今があります。

外部の環境に合わせていくと
自分が本当に何をしたいのか
どんな暮らしをしたいのかが
わからなくなります。

環境というのは
その時随時変わるものなので
その度に自分の人生を振り回される。

あるときは強制リセットだし、
あるときは積み上げてきたものを
全部手放すことだし。

そうではなく
女性は自分の基盤を
持って欲しい。

どんな外部の変化にも
左右されない
自分だけのホームを持つと
女性は強くなれますよ。

なぜなら、
私はどうしたい?で
物事を考えられるからです。

私は子供の習い事をどうしたい?
子供たちとどう一緒に過ごしたい?
小学校に上がったら
私はどんな働き方がしたい?

主語は「私」。
だって「私」の人生だから。

この基盤は
情報発信、つまり
Web上で自分を表現することで
いかようにも作ることができます。

情報発信て何?
初めてするんだけれど?
という方は是非こちらの
オンラインサロンに
いらしてください。

→「姫」プロジェクト
→詳細はメルマガから

先日も新しい仲間を
お迎えしましたよ。

女性として幸せな在り方を
自分で問い直して
人生をリデザインしていきます。

2020年は
環境に左右されない
自分で在りたいですね。

ではまたお便りしますね!

自分の基盤を持つ♡

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから