Web

今年一番ショッキングだった出来事

WordPressを立ち上げるコツは2つ。
1、小さな規模で始めること
2、「設計図」を作ること

1、はWebは後からいくらでも追加できるからです。
最初にドカンと大きなものを作ってしまうと
更新するのに躊躇しますよね。
これは本末転倒、
サイトは更新していってなんぼ、育ててなんぼです。

2、「設計図」がなぜ必要か。
・なんのために情報発信をするのか
・誰に、どういうものを届けたいのか
ここがお客様のコンセプトとなります。

まずコンセプトをしっかりと固めます。
すると、このサイトで最終的に読み手に
どういうアクションを起こして欲しいのか、
が分かってきます。

「読み手にどういうアクションを起こしてほしいのか」が、コンセプトを固めると見えてくるのです。

例えば、
「お問い合わせフォームの『送信ボタン』を押して欲しい」とします。
実際にサイトを訪れた人に
最終的に「送信ボタン」を押してもらうためには、
どのようにレイアウトを考えていったらいいのでしょうか?

このように、コンセプトに合わせてレイアウトを考え、
分かりやすく一覧にしたのが設計図です。
コンセプトによって、設計図は変わってくるのです。

———————————————-

⚪︎私の思いは伝わっていなかった!
私は常々、ワードプレス設置を価値として
全力提供したいと思っております。
いつも、「どうやったら『ワードプレス設置の感動体験』を提供できるのか」を考えております。

そんな中、個人メディアを立ち上げたい人向けの
「ワードプレス説明会」を少人数で開催いたしました。
そこで、とてもショッキングな体験をしたのです。
これは今年一番だな、、、間違いない。

何がショッキングだったのかと申しますと、
私の思いが半分も伝えられていないということが
わかったのです。

◯お客様の「わからない」がわかっていなかった!
今まで、FBの投稿でも、
私は、ワードプレスへの思いを、
それは熱く語ってまいりました。

熱さでは誰にも負けない自信があります。
しかし、私の中で当たり前としてしまっていることが
たくさんあり、その当たり前が落とし穴でした。
お客様の「わからない」がわかっていなかったのです。

特にWordPressを作るときは
規模の大小関わらず「設計図」が大事だと
伝えてきたのですが、
そもそもなんで「設計図」が必要なのか、を
伝えきれていませんでした。

申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

もし、今後WordPressを設置しようとしている方が
いらっしゃいましたら、
ただ単に立ち上げるサポートをするサービスではなく
ちゃんとこの「設計図」を考えることを
重視する人に聞いてください。
(そのうちの一人が私。しれっと。)

中途半端に立ち上げても
サイトでのマネタイズは難しいです。
ただでさえ難しいのに
「設計図」すら作っていないなんて
スタートに立っていない、そんなレベルです

⚪︎マイナスからのスタート
苦悩と絶望感、強烈なコンプレックスからくる吐き気。
Webを勉強したばかりの頃、
自分の人生を切り開きたい一心でWebサイトを
作っていきました。

それまで3年間かけて取得した
気象予報士の資格は私にとって
もはやアクセサリー以外の何物でもなく、
全く「手に職」になりませんでした。

でもこのままだと派遣の雇用期間が満期になり
路頭に迷うことは必須。
年齢も30歳を超えていたので今更事務職で
雇って口もない。

やるっきゃない!!!
この決死?な覚悟で勉強を始めて6年、
今では160名を超えるWebクリエータコミュを6年運営し、
100名以上の個人の方の相談にのり、
大小様々な企業様のWeb周りの
お仕事のお声がけをいただいております。

挫折しまくり
凹みまくりで進んできましたが
この経験を価値に変えないわけにはいくまい。

それが
女性の個人事業主の方に
「WordPress設置の感動体験を提供する」
です。

それなのに、そもそも
お客様の「わからない」が
わかっていなかった。

ショックはまだ引きずっております・・
でも、意見を聞ける仲間がいて良かった。
幸せだな〜。恵まれている。
ありがたいありがたい。
仲間のありがたさが身に沁みた
出来事でもありました。

⚪︎まとめ
WordPressは、「設計図」が大事です。
趣味で作るならいいですが、
ビジネス目的の人は
ぜひ自分のコンセプトを洗い出してくださいね!


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

詳細はこちら