オンラインサロン

意外?生き方の最高のお手本とは○○だった。

メリークリスマス!
あなたは
どんなクリスマスを
お過ごしでしたか?

我が家のクリパは昨日の夜
サンタさんが来る前に
楽しみました。

子供達がオーダーした
唐揚げをたくさん作り、
マッシュポテトと
お野菜を添えてメインに。

大人にはアボガドのディップ、
カナッペも用意して
ちょっとパーティ気分です。

ベーコンのキッシュを
お菓子用のプチカップに入れると
ほんのり甘くて
とっても美味しく
いただきました。

クリスマスの今年のお菓子は
オンラインサロンの中で
共有している
身近な人を幸せにするレシピ
【姫レシピ】から
ブラウニーをリピ。

あっという間に
なくなりました。

「豊かな家庭は食卓から」

食事の場は
私が大切にしている時間です。

子供達がいつもとは違う
雰囲気の晩御飯を
楽しそうに食べています。

私はそんな風景を見るのが
幸せです。

そんな子供を見ていて思うのですが
本当に子供は「今」しかない。

未来への恐れもないし
過去のしがらみもない。

例えば、末っ子ちゃんは0歳で
ハイハイが上手になってきたのですが

「僕…昨日ハイハイうまくいかなかったから
 今日できるか不安だ…」

とか、

「どうしよう、このままハイハイできないで
 終わるかもしれない」

という過去と未来への憶測は
全くないですよね。

ただ、今、ハイハイをすることに
集中して、そこだけ。

今しかない子供の生き方は
実は大人の理想の在り方だと
私は思います。

自分が夢中になることを
全身全霊で取り組んでいる姿は
まさに生命力の塊。

人は誰でももともと
そんな力強い生命力を
持っています。

生き方のヒントは
潜在意識100%の子供時代に
あるのではないでしょうか。

本当にその人が好きなことや
夢中になれることは
必ずあります。

でも、多くの方が
大人になるにつれて、
価値観という誰かの洋服を着ることで
自分がなんだかわからない。

周りの声に流されるけれど、
それが流されていると
気付かない。

そして、いつの間にか
違和感満載な現実ばかり
やってくる。

そこで立ち止まれば
いいものですが、
多くの方はそれすら気付かず
人生を終えます。

そうならないために
自分の本音がどこにあり
どんな暮らし方を望むのかを
見つめ直す場が
オンラインサロン
【姫プロジェクト】なんですよ。

働き方を変えたい方は
働き方を考える前に
暮らし方を考えてください。

どんな暮らし方を
したいでしょうか?

この問いは難しい。

すぐにすらすらと
答えは出てこないと思います。

だからこそ、自分と
向き合う場所がいるのです。

私はオンラインサロン、
【姫プロジェクト】の
メソッドをフル活用して
暮らし方を変えました。

会社勤めでしたけれど、
いまは家庭:仕事=7:3という
理想の的なバランスを大事に
お金をいただくことができています。

再現性が高いもので
来年より集中講座も取り入れて
一人でも多くの女性たちに
自分の人生を生きて欲しいと
願っています。

このメルマガのタイトル
【家族に応援されながら、
 自分のために
 月1旅行を楽しむ】

これは私の人生ストーリーの中で
自分の人生を生きている!と
体感した衝撃的な経験でした。

一人でも多くの方が

「ああ…私はいま、
 自分の人生を生きているわ」

と思っていただきたいのです。

さて、クリスマスも終わり
年越し向けて一気に
時は流れていきますね。

明日になれば街は
もうお正月歓迎モードです。

今日まで飾ってあった
ツリーをしまい、
年神様をお迎えする
準備をいたしましょう。

私は明日から夫の実家の
神戸に帰省します。

港街神戸より
メルマガも配信しますので
お楽しみになさってくださいね。

またお便りしますね!

今を生きるのだ♡


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。」「母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら