お金との付き合い方

お金に愛される力、向上計画☆

こんにちは!
家族との時間が増えるほど
お金が増える
ナチュラル・ウーマンCEO
ほしのひろこです。

このブログは、
私が通ってきた経験をもとに
どのようにして
「家族との時間が増えるほど
 お金が増える」
ナチュラル・ウーマンになったのかを
心の在り方を中心に
お届けしています

昨日は
運営をサポートしている
コミュニティの
キックオフイベントでした

代々木公園に
手作りお弁当をいただく
楽しいピクニック!

遊びが仕事に
仕事が学びに
学びが仕事に

息を吸うように遊び仕事をする
そしてお金をいただく
ナチュラル・ウーマンを
体現した一日でしたよ!

お金に愛される
割とよく聞くフレーズです
でも、お金に愛されるって
なんでしょうね

ちょっと漠然として
いまいちイメージが
湧かないけれど

お金がない今の現実を
考えてみると
こんな環境になったら
どんなにいいだろうと
思ったことはありませんか?

お金の不安って強烈で
心を縛り
自由に考えることすら
できなくなる場合があります

お金がないことは
自己卑下、劣等感を招き
自分の評価を
大きく下げたりするものです

お金をしっかり稼げない=
自分には価値がない

こんな価値観を
持っている方も
一定数いらっしゃるのも事実

だから
とにかく今の
お金の不安な現実から
逃れられたい!!!

と喉の渇きに似たような
欲求を感じるのは
ままあることなんですよ

でもね、誰でも
お金に愛されることは
できるんですよ

お金に愛されるメカニズムさえ
ちゃんと知ることができれば
自分にインストールすることによって
現実をいくらでも
書き換えることが
できるんです☆

まず、お金に愛されるために
絶対に必要なことは
なんだと思いますか?

3

2

1

\ジャーン/
答えは

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

人に愛されること

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

です!

なぜなら、
お金は人を介してしか
絶対に手に入らないからです

では、次に
どのようにしたら人に
愛されるのでしょうか

とここで
ちょっと考えてみてください

あなたはどんな人と
一緒にいたいですか?

・明るい人
・生命力が溢れている人
・生き生きとしている人
・軽やかな人
・生き様が美しい人

私はこんな人と
一緒にいたいなと思います

間違っても

・どんより暗い人
・目が死んでいる人
・どよーーーんとしている人
・重たい空気の人
・感情任せに行動している人

とは一緒にいたくありません笑

まずね、周りの人が
あなたと一緒にいたいなと
思ってもらえるような
自分になることなんですよ

人に愛されると
お金に愛されます

大事なところなので
もう一度言いますが

人に愛されると
お金に愛されます

お金の不安から逃れたければ
人に愛される自分になってください

生き生きとしていて
生命力に満ち溢れ
明るく軽いエネルギーの人です

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 人に愛されることが
 お金に愛される人です

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今日のメッセージをお届けします
明日はではどのようにして
人に愛される自分になるかを
お伝えしますねー

<追伸>
最近のブログは、メルマガのバックナンバーになっています。ですので、読んでいただいていいな〜と思ったらぜひメルマガにご登録ください。メルマガの中では<↓↓ここからが本音です↓↓>ということで、さらに本音トークが炸裂しています☆この記事、まだまだ先があるんです♪

尚、個人情報はこちらからご確認いただけます。→

メルマガのご登録はこちら。もちろん無料で解除もご自由です。
https://www.mshonin.com/form/?id=613052308

無料メール講座【姫理論】
お金と相思相愛な私になるメルマガ

このメール講座では、会社を離れ、お金・家族時間・ゆとりを同時に増やし、お金が循環するように手にすることができる環境を築くことができるまでの経験と、そこから独自に確立した女性としての生き方、「姫理論」をお届けしています。

↓↓メルマガのタイトルはこちら↓↓

1)人生の革命を起こしたのは40歳だった
2)その時、人生は動いた☆生まれて初めて、豊かなお金の世界を知った時
3)お天気お姉さんから、自衛隊へ
4)空に還った子供からのメッセージ
5)強制終了はこうしてやってきた
6)覚悟を問われた、不安まみれな挑戦
7)その時、人生は動いた
8)昨日までの「私」を、こえてゆけ
9)「姫」になるための4つのステップ
10)幸せは、感じとられるのを待っている
11)私をうばう、私になるな
12)野心♡は夢になる
13)謙虚な女性は一生お金に愛されない
14)私の人生を生きる

【姫理論】お金と相思相愛な私になるメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス