家族

溶けてなくなる、暮らしと仕事の境界線

働き方から暮らし方を見直す。
自分の人生を生きる女性「姫」な
世界観、「姫ism」をお届けしています。

いつもお読みいただきまして
どうもありがとうございます。

今日は最初に
メルマガのご感想から
お届けしますね☆

東京都にお住いの
M.Oさんです。

先日お届けした
「神様と人との共通点、みんな○○が好き」
このご感想をいただきました。

楽しい場は
神様も人も好きですよね、
そんな内容でした。

+++++++++++++++++

ひろこさん、こんばんは!

いつもメールありがとうございます!

今日、ちょうど
「私はこれが好きなんだー」と
自覚したことがありました。

それは
「見えなかったことが
 見えるようになり、
 わからなかったことが
 わかるようになること」
です。

自分の好きなことも
興味の湧くことも
バラバラ過ぎて共通点がなく
自分でも
よくわかっていませんでした。

でも、その根っこには
見えなかったことが
見えるようになり、
わからなかったことが
わかるようになる、
そのことが楽しくて仕方ない!
という感覚があって。

今まで続いたことって、
それ自体を好きとは思っていなくて
「辞められないから続けてる」と
ネガティブに捉えていましたが
それが好きだったと気づいたら
ちゃんと好きなことを選んで
やってきているんだと思えました。

息を吸うみたいに
自然にやってるから
わからないって本当ですね。

いつもありがとうございます。
またメール楽しみに
お待ちしております。

+++++++++++++++++

大きな気付きのシェアを
どうもありがとうございます!

>息を吸うみたいに
>自然にやってるから
>わからないって本当ですね。

ここ、とっても共感します!
自分が好きなことって
意識をしなくても好きでやってしまうので
無自覚な場合が多くないでしょうか?

よく好きに理由はいらないと
言われますが、
理由なくできることが好きなこと、
何かしらの理由をつけてやろうとしているのは
本当に好きなことか
自分に聞いたほうが
いいと思っています。

私はクラシックバレエが大好き。
25歳の頃に初めて
バレエ学校の門をくぐりました。

この歳から習うので
まさかプロになるつもりはなく
ただただ純粋に好きで
通っていました。

その時に教えてくださる
バレリーナーの先生が
こんな興味深いことを
おっしゃっていました。

「私は最初、何で今からプロに
なるわけでもない大人たちが
バレエをこれほど熱心に
通うのかわからなかった。

でもやっとわかった。
好きだから、なんですよね」

「会社が終わり、22時くらいまで
お稽古をして、次の日また仕事に行って。

しかも発表会は年に2回、
週に4〜7日も通っている大人の方の
”好き”なパワーに圧倒されます」

まあ…
私もそんな部活モードで
通っていた一人なのですが…

本当にただただ純粋に
好きで通いつめていました。

でもその時も
頑張っているとか
やらされている感とか全くなく
むしろ言われなくても
通っちゃう♡

まさに、好き好きパワーが
炸裂していました。

Mさんがおっしゃるように
自分の好きなことは
息を吸うように自然に手に取り
何も言われなくても
してしまうことだと思います。

「好きなこと」とは
言われなくてもやるし
気がつくとどっぷりと浸る
暮らしの一部です。

暮らしの中で融合して
分離することなく
違和感なくいつもそばにあるもの。

私はそんな定義をしています。

また、ご質問も
いただきました!

↓↓↓↓ ここから ↓↓↓↓

私は今日で仕事納めでした。
ひろこさんの働き方に
仕事納めという概念は
あるのでしょうか?

+++++++++++++++++

仕事納め、懐かしい響きです。
今はその感覚が
あまりないですね。

お仕事がもはや
趣味なのか仕事なのか
境が曖昧になっているからです。

私は仕事が好き。

働いているというよりも
息を吸うように
暮らしの一部になっています。

私は情報発信ベースの仕事を
始めてから
仕事と生活が分離することが
なくなりました。

以前会社に勤めていた頃は
仕事と生活は、「両立」するもの、
別々で別れているものでした。

だから苦しかったんです。

仕事を頑張れば、
残りの生活が圧迫されて
子供たちと一緒にいる時間がない。

だからといって
家庭優先にすると
仕事は全然できなくなり
収入も減る。

そのジレンマを超えることが
できたのは
情報発信でした。

今では家庭:仕事=7:3の
エネルギー配分量で
会社勤めの頃と同じくらいの
お金を手にすることが
できています。

自分の人生を生きる女性て
素敵フレーズだけれど
ちょっとホワホワしていませんか?

自分の人生を
生きるって何なのさー?
て思いますよね。

私のイメージではですね、
「暮らし」という大きなボールの中に
たくさんの小さな玉が
入っているイメージです。

その玉には名前があります。

・趣味
・働く
・子育て
・家事

これらが
同じボールの中にあるんですね。

その配分量を自由に決める
イメージを持っています。

つまり…

【みんな融合している】

・趣味
・働く
・子育て
・家事

それぞれのバランスも
その時のライフステージによって
変化するでしょうし、
優先順位だって変わるでしょう。

でもいいんです!!

女性は変化が前提です。
いつもその時のベストな
選択肢を

【自分で決める】

ここがポイントですよ☆

仕事納めの概念はないとは言いつつも
オンラインサロンの
忘年会幹事をいたしますので
実質30日が最終日です。

メルマガ&ブログは年中無休で
お届けしますので
そこは除外(笑)

Mさん、この度は
私まで気付きが満載の
ご感想をいただきまして
どうもありがとうございます!!

本当に素敵な女性なんですよ。
真綿に包むような
女性性あふれる優しさと、
ナイフのような切れ味抜群な
コメント力のギャップに
私は魅了されています。

お話していると
いつも笑いが絶えません。
ありがたい限りです。

ではまたお便りしますね!
ご感想をいただけると
私、とっても喜びます☆

今のベストな暮らし方を
自分で決める♡


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら