家族

みんなはどうしてしてる?ぎゃん泣き息子@1歳児の 保育園預け術

「お母さんが働けるのは、
**君が保育園でたくさん遊んで待っていてくれるから。
ありがとねーーー(*´ε`*)チュッチュ」

最近、保育園に預けるとき
こんな風に子供に語りかけてみるようにしました。

理由は、保育園に預ける別れ際
いつも大泣きされるので
すこし自分の語り掛ける言葉を
変えてみようと思ったからです。

あの手この手・・・

それまでの私は
保育園に子供を預けると
そーーーと泣かないうちに逃げるようにして
その場を離れていました。

1歳の次男は保育園に預けられるのが嫌で
別れ際に大泣きするからです。

でも、ある日思い切って
冒頭のような感じで
しっかりと目を見て次男にバイバイをいうように
してみました。

すると!!!

「ママ、バイバイ!おたあさん、バイバイ!タッチ♪」

といって、手をタッチしてくれるではありませんか!!!
もう、私が泣きそうでした><><><

子供ってわかってるんだな、と思いました。
小さな子供でもしっかりと
その場の雰囲気を感じている。
自分を信頼してもらえていることって
わかっているんだ。

今まで逃げるようにこそこそその場を離れていて
なんだか申し訳なかったな、と反省です。
子育ては、子供を育てているようで
お母さん自身も育てている。

小さな子供もわかってるんだなーー。
保育園の別れ際、
涙がにじんでくる、お母さんでした。

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら