家族

みんなはどうしてしてる?ぎゃん泣き息子@1歳児の 保育園預け術

「お母さんが働けるのは、
**君が保育園でたくさん遊んで待っていてくれるから。
ありがとねーーー(*´ε`*)チュッチュ」

最近、保育園に預けるとき
こんな風に子供に語りかけてみるようにしました。

理由は、保育園に預ける別れ際
いつも大泣きされるので
すこし自分の語り掛ける言葉を
変えてみようと思ったからです。

あの手この手・・・

それまでの私は
保育園に子供を預けると
そーーーと泣かないうちに逃げるようにして
その場を離れていました。

1歳の次男は保育園に預けられるのが嫌で
別れ際に大泣きするからです。

でも、ある日思い切って
冒頭のような感じで
しっかりと目を見て次男にバイバイをいうように
してみました。

すると!!!

「ママ、バイバイ!おたあさん、バイバイ!タッチ♪」

といって、手をタッチしてくれるではありませんか!!!
もう、私が泣きそうでした><><><

子供ってわかってるんだな、と思いました。
小さな子供でもしっかりと
その場の雰囲気を感じている。
自分を信頼してもらえていることって
わかっているんだ。

今まで逃げるようにこそこそその場を離れていて
なんだか申し訳なかったな、と反省です。
子育ては、子供を育てているようで
お母さん自身も育てている。

小さな子供もわかってるんだなーー。
保育園の別れ際、
涙がにじんでくる、お母さんでした。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら