女の生き方

仮面だらけのまま生きてないかな

日常生活の中で
自分に戻る時間を確保していますか?

どう生きたい、
どう働きたいの問いは
自分の上に立って考えてね。

「口ずさめる歌が欲しい」

昨日ご一緒させていただいた
素敵女性との会話で
出てきたこの言葉。

そうそう、
とても共感しましてね。

Eテレの歌ではなく
自分が自分であるための歌。

母でもなく、妻でもなく
一人の女性としてある時間に
戻れる歌。

そんな歌が欲しい。
これ、まさに私が
求めていることでした!

子供と見る
Eテレ番組
「おかあさんといっしょ」
のありがとうの花、もいいけれど
やっぱり自分の歌があるといいな。

歌もそうだけれど
お母様に必要なのは
一人の女性の戻れる場所であり時間です。

日常にその時間があるだけで
毎日がどれほど豊かになりましょうか。

私がオンラインサロン
姫プロジェクトを作ったのも
一人の女性として成長し、楽しめる場所を
作りたかったから。

非日常空間で
大切な仲間とオンラインで語らうその時間は
淡々と過ぎゆく日常に
彩を添えるものだと私は知っています。

暮らしの中にあると
女性はたくさんの仮面を被ります。
**さんの奥さん、
**さんのママ、
**くんの嫁、
**会社の社員。

切替スイッチはそれぞれあって
パチパチしているうちに
自分が本当はどこにあるのかを
見失いがち。

本当の自分はどこにある?

本当の自分の位置があって
その位置に立って初めて
どう生きたい?
どうありたい?
どう働きたい?
自分との対話ができるようになります。

いつも自分に立って考えて欲しい。
母として、ではなく
妻として、でもなく
会社の社員として、でもない。

ちゃんと仮面を取ろう。

自分に戻る時間を
持っていますか。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから