カメラ&写真

日常生活の豊かにするちょっとしたコツ

「古池や蛙飛び込む水の音」
誰もが知っている松尾芭蕉の名句だが、
地味すぎません?
池に蛙が飛び込んでいる、で
それ以上でもそれ以下でもない。
きっと99%の人は素通りする光景だと思う。

 

美術館や写真展に言って思うのがこれ。
有名な方の写真や絵って、
本当に日常の何気ない光景や一瞬を
描いているものが多い。

 

何気ない船が浮かぶ港町の絵だったり
湖だったり
本を読んでいる女性の絵だったり
草木の雫だったり。

 

皆が同じ風景をみていても
そこに美を感じる人とそうでない人がいる。
違うのは、感性という名のフィルターだ。

 

 

昨年、プロカメラマンの溝端マリさんに
アドバイスをいただき、
カメラを買った。

 

子供達の「今」や
何気ない日常生活のふとした瞬間、
豊かだと思う風景などを
撮りたいと思ったからだ。

 

カメラを買って変わったことは、
自分が今まで素通りだった
平凡な日常に対して,
美しいものや
今この瞬間が素敵!を見つける
感度の高いアンテナが立ったことだ。

 

感度の高いアンテナが立つと
意識して自分が「いいな」と思うものを
探していることに気づく。

 

結局日常生活を豊かにできる人が
人生を充実できるんだと思う。
ドラマティックな出来事は
滅多にない。
毎日の積み重ねを
丁寧に過ごせるかどうかではないかな。

 

でも、毎日というのは意識をしないと
矢のごとく過ぎていく
というのも確か。

 

そこで、
私はカメラというツールの力を借りて
自分自身の感覚や感性を
もっと研ぎ澄ませていきたい。
自分の直感で
いいな〜と思うものに対して
敏感になり、素直に受け入れ
楽しんでいきたいです!

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら