ビジネス

あなたの本当の競争相手は誰?【使命給ビジネス連載最終回】

時給から使命給へ
使命給ビジネス
星野紘子です。

今日は使命給ビジネスの連載の
最終回になります。

書いていて気付いたことに
もう終わりがないくらい
伝えたいことがある!

一旦ここで区切り
情報を精査し
小冊子にまとめます。
無料配布しますので
お受け取りください。

また、お友達にも
ご紹介いただけると嬉しいです。

最終回の今日の内容は
私が1年間学んだ
経営塾で特に心に残ったことを
共有したいと思います。

「ビジネスがうまくいかない人は、
本来競争すべきでない人と
競争して疲弊する。」

「例えば、自分の手取りと
夫の給与とかだな。」

「自分が競争すべきは誰か?
そこだけに集中しているか」

「イライラする、感情を揺れ動かされる。
どうせ私なんか…と思う。
これがビジネスがうまくいかない人の特徴だよ」

「健全な競争は発展に結びつくが、
本来の競争相手でない人と勝負しても
何もならない。」

そうそう、本当にそうですね。

例えば、SNSで自分とは
全く関係ない人の投稿をみて
ざわざわしたり、

一方的に嫉妬したり、
感情を揺れ動かされることは
ありませんか。

これは”本来競争すべきでない相手”ですね。
“本来競争すべき相手”は
使命に一歩でも近くための
昨日までの自分であり、
これまでの過去のはず。

「競争相手を間違えないことだ」

経営塾長のSさんからの
重要なメッセージです。

ビジネスは全て力学で組み立てられ、
そのエネルギーの源泉は
「〜してあげたい」という
湧き出る気持ちである。

どんなに技術があっても、
どんなに素晴らしい発信をしても、
その根底にあるのが「〜してあげたい」という
湧き上がる気持ちでないならば、
それはどこかで劣等感に結びつく。

劣等感に結びつくビジネスは
奪うものであり、
発展しない。

経営の奥義は
「して差し上げたい」という
溢れる気持ち、愛である。

お金が絡むから起業やビジネスは
どこか特殊なことのように思えますが、
そんなことはありません。

自分が嬉しいことをされたら、
お返ししたくなるというシンプルな構造が、
ビジネスのメカニズムですね。

本質はシンプル。

そして、この力学のメカニズムを応用して
自分の仕組み構築に実際に落とし込む過程が、
センスの見せ所だそうです。

使命給ビジネスは
愛に溢れているものです。

お客様へ何かを差し出す心と
家族に差し出す心は同じ。

家族のために
美味しい食事を作る心と
サービスを作って
お客様にお届けする心の
どこに違いがあるでしょうか。

人を思いやる心に
分け隔てはないはず。

使命給ビジネスとは
優しく温かい世界なんですよ。

連載はいかがでしたでしょうか。
まだまだ伝えたいことが
あるので、日々の発信で
お届けしていきますね。

★プロフィール★

生きる姿が人を魅了し、本当のお金持ちになる使命給ビジネスをお伝えしています。

本当のお金持ち、本当に裕福な生き方を実現する起業家を増やします。

オンラインビジネス構築の伴走8年、オンラインサロン運営11年。

正社員で働いていたのですが、育児休暇明けの家事育児・仕事の両立に挫折、お金を稼げない自分に全く価値を見出せなくなりました。

本気で働き方を変えようと藁にもすがる思いで始めた情報発信、そこから試行錯誤を繰り返しオンラインビジネスの仕組み作りの体系化に成功しました。

この経験を踏まえて、様々な方の経営のオンライン化に携わる中で見出した本当のお金持ち、本当の豊かさを探求するビジネスモデル、使命給ビジネスをお伝えしています。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから