育児

コワい自分を発見した話

時給から使命給へ
星野紘子です。

今日は子育てをする中で気づいた、
心の癖・傾向のお話をします。

朝、長男がぐずって朝ご飯を食べませんでした。
聞くと学校の用意もまだだそうで、
早く食べて用意をしなさいと言っているけれど
テーブルにつく気配なし。

(眠いそうです..)

私は苛立ち
時間がない朝なのに
テキパキ動かない長男に
もどかしさ、悲しさ、悔しさを感じました。

自分の言う通りにして欲しい!
そう思っている自分がいました。

頭にきた私は
「ママはそういう**くん嫌い、
いうこと聞かないならママが出ていく。

家にいないで。一緒にいたくないから」




文字に書いてみると
おぞましいのですがwww
確かに私は長男にそう言葉を放ちました。

なぜこんなコワい言葉を放ってしまったのか。
それは人一倍甘えん坊の彼の
急所だからです。

人は一様に
ネガティブ要素があると言われますが
私ももちろん例にもれません。

自分に余裕がなくなり
どうにか言うことを聞かせたいと
癖がもろに出てくると
力づくでなんとかしようとする傾向に走ります。

すると、人の急所をつくのです。

その人の核心をつくと
ダメージが大きいから。
自分で無意識のうちにそう言葉を選択したのだと気付きました。

本当に…
私はなんてひどいやつなんだろう。

自分の心の傾向をしっかり管理運営して
それがありたい自分の姿でないならば
ちゃんと行動を選択しないといけない。

立場が弱い子供は
私の心の癖や傾向を
増長させます。

改めて
自分の傾向、残酷さを知り猛反省しました。
どう生きるのか?の問いにつなげたい。

冷静になってみると、
私、抱きしめてあげればよかった。

ぐずっているなら
抱っこしてあがればよかった。

子供の心がきっと満タンになっていなかったのでしょう。
そんな時に母の私がすべきことは
力づくでなんとかすることではなく
タンクをいっぱいにすること。
スキンシップ、愛情で満たすこと。

ごめんね…

そう猛反省した私は
その後学校にいこうとする長男を
ぎゅーっと抱きしめました。

「ママ…苦しい」

「いってきまーーーーす」

母の心をそこに置いて
元気に出かけていきました。

「いってらっしゃい♪」

★プロフィール★

あなたの人生ストーリーをお金に変える。時給から使命給へ。星野紘子です。

幸せな家族を増やすため、家庭を持つ女性が圧倒的に豊かになる使命給という働き方を伝えています。女性が家庭:仕事=7:3で月30万円を稼げる仕組みを持つことと、家庭を育む力を応援してます。

秋に開校予定のオンラインビジネススクール、オンラインサロン「姫プロジェクト」を主催。

プライベートでは小学生・年長・3歳の男の子を絶賛育児中。趣味は料理、緩やかなグルテンフリー生活、また日常のひと工夫でマイルを貯めてあちこち飛行機に乗って旅をするのが好きです。

★使命給の世界を学んでみませんか?★

【無料メール講座】
時給から使命給へ。
生きる姿がお金になる働き方7つのステップ

まずは詳細をご覧ください。
こちらから