働き方

「働き方改革」最も大事なファーストステップ

心から楽しいと思える御仕事。
人それぞれ違います。
今の働き方を変えようと思ったら
変えようと思う理想の働き方を
知ることが
最初のステップじゃないかなと思うのです。

昨日、人間ドックを受けに行きました。
会社員の時であれば
健康診断が定期的にあり
少なくとも1年に1度は
健康をチェックすることがありました。

独立すると勿論このあたりは自己管理。
健康な身体は最大のリスクヘッジであり
最高の資産。
メンテナンスをしないといけませぬ。

受付を済ませ、お着替え。
順番に五月雨式に
検査のための呼ばれます。
呼ばれていって身長体重から始まり
最後はバリウムまで。
あちこち久しぶりに
調べてもらったんですね。
そこで気付いたことがありました。
看護婦さん達が
なんともロボットみたいなのです。

ベルトコンベアー方式で
どんどんさばいていかないと
いけないからだとは思いますが、
なんと言葉に感情がないことか。

マニュアル通りのことを
機械的に話している。
私のことを見ることもなく
言葉がうわすべりしていく。

ちょっと違和感を感じたと同時に
こんなことを思いました。

「この方達、仕事楽しいのかな?」

起きている時間のうち
多くの時間を働くことに当てています。
その働く時間が楽しくなかったら、
魂を込める情熱がなかったら
生きている時間がなんともったいないことでしょう。
時は刻々と過ぎ
二度と戻りません。
今を大事に生きていくには
自分らしい仕事を手にすること。

自分らしい仕事を手にするには
自分らしい仕事を知ることからですよね

知らないと手に入りませぬゆえ。

あなたにとって
自分らしい仕事は何でしょうか。
自分らしい働き方をご存じですか。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

詳細はこちら