大切なこと

年末にやっておくべき、シンプルだけれど重要なこと

姫ism
ほしのひろこです。

働き方から暮らし方を見直し、
自分の人生を生きる女性たち【姫】。

その在り方【姫ism】を
お届けしています。

【姫】への3ステップ

+++++++

1)満たしととのえる
暮らし方を見直せる状態の
自分であること

2)マトを出す
どんな暮らし方働き方がいいか
本音を表現することができる

3)受け取る
表現したものを受け取る

+++++++

「家族に応援されながら
自分の楽しみのために
旅行に行く。」

私の人生ストーリーの中で
自分の人生を生きていると
実感した出来事でした。

働き方から暮らし方を見直し、
一緒に【姫】な生き方を
目指しませんか?

いつもお読みいただきまして
どうもありがとうございます。

一日一話、
今日の姫ismを
お届けいたします。

年末にやっておくべき、シンプルだけれど重要なこと

情報を手に入れる先を
厳選する。

今日はこちらを
お届けします。

今日はメルマガ読者様交流の
ランチ会を開催しました。

場所は、以前より憧れだった
ラ・スイート神戸ハーバーランド。

洗練されていて
素敵な空間でした!

今日は結婚式もあったようで
愛らしい花嫁さんの姿も。

幸せのおすそ分けもいただき
豊かな時間はスタートしました。

ご参加いただきました皆様、
遠いところから
足を運んでいただきまして
感謝しかありません。

本当に
どうもありがとうございます。

その中で、過去私は

「何をやりたいんだろう。
  どんなやり方が
 合っているんだろう?」

と悩んだお話をいたしました。

その続きについて
ちょっとお話ししますね。

人間の脳の構造は
ほっておくとエネルギーが下がり、
理由を探し出し
具体を求めます。

これはその人の才能云々ではなく
脳の構造がそもそも
そのように出来ています。

12月満たしととのえ読書会の課題図書、

『ブラックスワン-
 不確実性のリスクの本質』
https://amzn.to/2SuJyuE
ナシーム・ニコラス・タレブ著

でお伝えした内容なのですが
とても大事なメッセージですね。

つまり人は誰でも
疲れてくたびれていると
自然に

・出来ない理由を探し求め
・具体的な方法を求める

ということ。

だから、理由を探し求め、
目の前のやり方ばかりを探し始めたら
疲れているよ!のサインなんです。

そんな傾向が
出始めたら

早く寝ましょう♡
考えても答えが出ません。

「ああ、脳のいたずらだな」
「疲れをとって、
 ちゃんと判断できる自分になろう」

ですから、

「何をやりたいんだろう。
  どんなやり方が
 合っているんだろう?」

と迷いだしたら
早く寝てくださいね(笑)

知る知らないの差ですよね。
その差を生むのは
情報源なんです。

大事なのは
情報を手に入れる先を
絞ることです。

溢れるほど情報があり
どれを手にとっていいか
わからないですよね。

だから信頼たる人、
自分がいいなと思う人と
繋がっておいてください。

そのほかの人は
手を離しても大丈夫です。

情報源を絞るとは、
不確実で不安定、
何が起こるかわからない
令和時代の流れに乗る
必須スキルでしょう。

読んでいないメルマガ
買ったけれど購読していない新聞
なんとなく手にしたけれど
目を通していない教材。

仮に過去必要だから
手にしたとしても、
今この瞬間にアクティブで
なかったとしたら
手放す勇気を持ってくださいね。

シンプルだけれど重要なこと。
年末にやっていただきたいのは
情報源を見直すこと。

あなたは「誰」と
つながりますか?

繋がる人を見直す♡

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから