ブログ

ヨガ・整体・セラピスト。「人に会わないと仕事できない」人たちのオンライン化の秘訣

こんにちは。
子育てママを、時給から存在給へ。
姫ism 星野紘子です。

「人と会わないとお仕事できない」

整体師さんや
セラピスト、
ヨガの先生など
対面でお仕事をしてきた方。

今、大きな発想の転換が
必要です。

なぜなら、
新型コロナの影響で
人の往来が強制的に
制限されているから。

オンラインで収入源を
どうやって確保するのか。
この一点に絞って
行動することをまずはお勧めします。

もしこのメルマガをお読みの
あなたが、
整体師、ヨガの先生、
セラピストさんで
人と会うことが前提の
お仕事だとするならば、
発想の転換が必要です。

どのように発想を転換するのか、
なのですが、

・なぜ、その仕事をしようと思ったのか
・その仕事を通してどういう社会にしたかったのか
・どんなところが魅力で
・どんな世界を創りたかったのか

今一度自分の仕事を通して
達成したかった世界を
言語化してみてください。

きっとね、
ヨガだけ、
整体だけ、
セラピーだけ
という「モノ」の提供に
止まらないと思うのですよ。

今のお仕事の背景には、
ご自身のストーリーがあり
その神話の中で
世の中の役に立ちたいと思った
熱い気持ちがあるはずです。

その光の根源はどこでしたか?
時にそれは闇かもしれない。
闇でもいい、闇と光は紙一重です。

自分だけの神話の中で
なぜその仕事を選んだのか。
どう生きようと思ったのか。
その発露が今のお仕事のはずです。

例えば私の場合はこうです。

「家族の時間を増やしたい、でもそうすると仕事の時間が減って稼げない」

「でも、一方で仕事の時間を増やすと確かにお金は増えるけれど、家族や自分時間を大切にしたい」

私が【子育てママを、時給から存在給へ】と掲げて活動する源泉はこの時給のジレンマでした。

なんとか時給の壁を超えたかった。
でも、どうやったらいいんだろう。

会社員やりながら、ライターやってみたり
やってみて、全然意味がないと知ってみたり。

副業をたくさんやって
自分で稼げるようになろう!!と
意気込んだけれど

時給×時給の働き方だと
時間ばかりが取られて
家族の時間を増やすところではなかったんです。

結局疲弊して
こんなはずじゃないよーーー!!!
となっていました。

会社員やりながら
Webの制作受け取った時なんて
最悪でしたよ。

本気で休みがなくて
会社早退して
Web制作の打ち合わせに行くという
本末転倒、意味がわからない。

この過去があるから
新しい働き方をなんとしても
手に入れようとしました。

時給ではない、新しい働き方を。

アインシュタインがね、

「問題を作ったときと同じレベルでは解決できない」

という有名な言葉を残しています。

そう、まさにそれ。
時給のつなぎ合わせでは解決できないのです。
そのために私は情報発信ベースの
存在給という働き方を手にしました。

時給×存在給。

このハイブリッド経験を経て
今存在給へ完全シフトした今があります。

存在給という働き方を
広めたいその先には、
働き方を一新して
エネルギー溢れる日本の未来を
創る事にあります。

新型コロナのこともあり、
人の往来が制約され、
もはやオンラインの収入源は必須、
今こそ情報発信ベースの働き方を
広める事にコミットしております。

「人と会わないとお仕事できない」
まずこの発想を手放してください。

今までと同じレベルでは
問題・課題は解決しません。

解決するためには
違う角度の発想が必要で、
まずその仕事に至ったストーリーをまず
紐解いてみてください。

そこには目に見える
ヨガ・整体・セラピーを
超える何かがあるはずです。

例えば、ヨガを通して
自分と向き合うことの大切さを
伝えたいならば、

自分と向き合う大切さを
伝える新しい手段を考えればいいのです。

オンラインでどうやって
自分と向き合う大切さを伝えよう。
この発想です。

目に見えることに囚われないことです。
目に見えないものを感じ取ってください。

いかがでしょうか。
今の仕事に行き着くその背景には
膨大な情報が圧縮されていませんか?
それこそ、宝の山ですよ。

見えないところを感じる力。
これは新しい働き方を
創るには必須ですね。

今の仕事に至る
ストーリーを振り返る。

これが、
オンライン化の秘訣です。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら