書籍・映画

人生を豊かにする読書のコツは 「読者としてプロフェッショナルであること」

こんにちは!
ナチュラル・ウーマンCEO
ほしのひろこです。

豊かなお一人様の時間に
なりましたね。

働き方生き方を
アップデートしようと
なさっている方へ。

自分の人生に自信を持ち、
子供が憧れるような
生き方をする
「ナチュラル・ウーマン」

そんな「ナチュラル・ウーマン」
になるために必要な視点や
考え方をお届けする活動をしています。

メルマガのテーマはお金。

【お金を最高のパートナーにする】

令和に生きる女性の在り方
視点、考え方をお届けしています。

初めてお会いします方は
どうぞよろしく
お願い申し上げます。

いつもお読み下さる皆様、
感謝の気持ちでいっぱいです。

【人生を豊かにする読書のコツは
「読者としてプロフェッショナルであること」 】

今日は昨日参加した
読書会での学びを
シェアします。

本を読むときの
参考にしていただければ
幸いです。

======================

 人生を豊かにする読書のコツは
「読者としてプロフェッショナル」
 であること

=====================

タイトルそのままですが^^

まずは昨日のメールの感想を
ご紹介いたしますね。

↓ ↓↓ ここから ↓↓↓

ひろこさん
こんばんは!

「働き方を変えたい。
でも収入源がなくなるのが
困るので、辞められない」

思ったこと→ありです!

今もまだ「あります」。

わたしの価値観や壁も
ひろこさんのように
溶けてく経験してみたいです。

↑↑↑ ここまで ↑↑↑

Y.S様、
いつもどうも
ありがとうございます^^
嬉しいです♪

>わたしの価値観や壁も
>ひろこさんのように
>溶けてく経験してみたいです。

価値観も心の壁も
自分が築き上げてきたものです。

逆に、それを溶かすのも自分
なんですよね。

だからまずは
自分がどんな価値観や壁を
持っているのか知ることって
大事なんですよ。

そこを知らないと
どの価値観や壁を
溶かしていいのかわからない。

また、溶かしたいのか
わからない。

私にこのことを最初の教えて下さった方は
このことを「調える(ととのえる)」
と表現されています。

”ととのえる”とは
自分を客観視すること。

このスキルは
ナチュラル・ウーマンになるには
必須だと思っております。

じゃあ、
どのようにしていけばいいの?の
具体的な方法を
セミナーやお茶会で
お伝えしますので、
来てください♪

働き方を見直そうと
思っていらっしゃる方は
今とても多いと思います。

でもその中で本当に
「働き方」な場合って
実は少なくて
多くの場合、悩みの根源は

<自分が自分で縛っている
価値観 >

なんですよ。

今年の後半は
自分を知る旅に
レッツゴー!

さて、本題です。

昨日の読書会のポイントを
まとめました。

======================

 人生を豊かにする読書のコツは
「読者としてプロフェッショナル」
 であること

=====================

1)読書の目的は
著者の視点を知ること。

枝葉末節はあまり大切ではなく。

読書で大事にしたいのは
書いた方がどんな視点を持ているのかを
知ること。

私は一字一句追ってしまいがちなタイプで
最初からしっかりと読もうとしていました。

でも、本の目的は著者の視点を知ることなので
細かいところはいらないんですって。

本を読むにもエネルギーや時間がかかり
そこは有限なので

「書いた人はどんなことを
伝えたいのかなー」

と最初からフィルターをかけて読むと
また違ってくるかも。

そのためにもまずは全体図をつかむこと。
ここが大きなポイントだと感じました。

2)全体図を知るために、
youtubeやnoteを活用してよし

私、自分が読む前に
他の人の感想やまとめサイトは
読まないほうがいいのかなーーと
勝手な思い込みがありました。

思い込みって怖いですね。

でも、全然そんなことはなくて
むしろ「積極的に活用してください」
とのことでした。

大事なのはその本に書かれている
全体像を把握すること。

そのために必要なことだったら
ネット上にある情報は
使ってみてくださいね!
とのアドバイスです♪

3)読んだ内容は
アウトプットしましょう

これはよく言われることで
そして、、
ほとんどの場合
行動に移せないパターンだと
思うのですが^^;;

なんでもそうですが
自分の中に取り入れただけでは
体に悪いんですよね。

ちゃんと外に出さないと
循環が起こらないです。

読書って1000円程度でできる
最高の自己投資と
よく言われてますが

それは本を読んで
そのことをアウトプットしてこそ
初めて「自己投資」なんですよね。

読んで終わり、
読んでそのままだと

たくさんのセミナーに行って
人生が変わらない

「事故投資」

と同じなんだなと感じました。

1)~3)をまとめると、

私は読んだ本を
自分の人生を豊かにする
エッセンスにするためには

読み手に姿勢が大事だなと
感じました。

「どんなことを伝えようとしているんだろう」

「事前に分かるところは調べてみよう」

「あ~、そっか。
こういうことを伝えたいんだ。
自分の言葉にして
まとめるとどうなるだろう」

こういう”読者としてプロフェッショナル”である
読み手の姿勢が本に命を吹き込むんだなと
思いました。

最後に、

このように素敵な読書会を
開いてくださった方のご紹介します。

縁結びナビゲーター
蒼井礼子さん
(あおいれいこ)

東京大学大学院の医学系研究科を
首席で卒業(!!)という才能の持ち主で
キャリアの道を進まれたのですが

「自分の幸せは家庭にある」と
気付かれて

今はネット時代の仲人
縁結びナビゲーターとして
ご活動されています。

また、2歳の可愛い息子さんを育てて
いらっしゃってとても家庭的な方なんです。

ライティングのスキルが高く
「エネルギーライティング」という
文章を書く講座を開催なさったことも。

また、私のプロフィールも
礼子さんにお願いして書いて
いただいております。

もともと私はネット上に
文章書くのが苦手でした。

でも、今まで文章を書くことを
あまり人に習ったことはないんですね。

その理由は礼子さんに
教えていただいたライティングが
あまりにも本質的で
あまりにも丁寧だったので

他の方の講座やセミナーに
行く必要がないというか

その教えていただいたことで
十分すぎるくらいの価値を
受け取ったからなんです。

出会ったきっかけは
私が共同主催しておりました
とあるビジネスコミュニティでした。

その中でも礼子さんは
ご自身ができることを
率先してギフトしてくださる
在り方をお持ちで、
私は感銘を受けておりました。

ありがたいことに
ずっとご縁をいただいていて
今に至ります。

いつも温かく和やかに
話を聞いてくださり

いっしょにいて
心底ホッとする柔らかい女性です。

ブログの文章からも
そのお人柄は滲み出ておりますので
ぜひご覧くださいね。

どの記事も素晴らしいのですが
特にこちらの記事が私のオススメです。

▽デリケートゾーンのケアを1年続けた感想。
全ての女性におすすめしたい。
https://aoireiko.com/delicate-zone-care/

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…..

縁結びナビゲーター
蒼井礼子さん

◎プロフィール
https://aoireiko.com/profile/

◎ブログ
https://aoireiko.com

◎無料メルマガ
「*メールレッスン*
愛されWoman養成講座」
https://aoireiko.com/loved-woman/

◎縁結びプロフィール作成サポート
https://aoireiko.com/yuiproject-profile/

↑↑ ご自身のプロフィールをお願いしたい方へ ↑↑

プロフィールを作りたい、
プロフィールを通して新しいご縁を結びたいと
思われれている方にオススメです。

礼子さんの温かくもしっかりしたサポートを借りて
世界に一つだけのストーリーを奏でて下さい。
私もお願いしましたよ♪

あわせて読みたい
プロフィール 星野紘子 時給から存在給へ。働き方から生き方をデザインする。 働き方をプロデュースしています。 ・働き方から生き方...

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…..

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから