働き方

仕事に「甘え」は必要ない?

小さい頃から私は割と甘えるのが得意だったと思う。
最初の一番身近な甘えの対象は父だった。
弟二人の3人姉弟で、私は長子で女の子が一人。
子供たちをそれぞれ深く愛した父ではあるが、
中でも私にはめっぽう優しかった。

 

そして私はしょっちゅう父に甘えていた。
例えば、お洋服を買って欲しい時。
「今、お洋服がどうしても必要で、
素敵なスカートを見つけちゃったの。
一緒にお買い物行かない?」
とそっと腕を組みながらお願い。

 

当日は父と手を繋ぐか、腕を組みながら
談笑しながら目的地へ。
買ってもらうものは事前に決めておいて
ここは時間短縮。(父はせっかち^^;)
買ってもらったら心を込めての
お礼をありったけ添える。
帰ってくると買ってもらったお洋服を着て、
披露することも忘れない。

 

これがいいかどうかはさておきww
長子にありがちな
「甘えるのが苦手」とは
無縁だったかなと振り返る。

 

最近思うのだが、
この「甘える力」というのは
「依存する」とは全く違うレベルで
大切なんじゃないかな、と考えている。

 

なぜなら、一人でできることは限られているから。
特にビジネスの場では
頼れる他力はとても大切だ。

 

仕事の場面で「甘え」というと
自分が果たす責任から逃げている
マイナスなイメージがある。

 

でも、私は責任を伴う「甘え」は
時にコミュニケーションを円滑にし、
ビジネス周りもスムーズにする
のではないかと考えている。
この責任を伴う、という点が
「依存する」とは違う。

 

・自分が果たす責任の範囲を明確にし
・自分が苦手な分野をきちんと伝える
・苦手な分野が得意な方にお願いし
・もちろん感謝の気持ちを忘れない

 

ビジネスの場合、
特にチーム戦であるほど
上手に甘え合うことが大事だと思う。
目標を達成するために
お互い自分の得意な適性を生かし、
それぞれの力を最大限活用できれば
大きな価値提供になるからだ。

 

自分が不得意なことは
人に甘えていいし、
伝えていい。

 

しっかりと自分の足で立ち
果たす責任を自覚した上で
自分が苦手な分野やできないところを
信頼たる他力に委ねることができるのが
仕事上の「甘える力」であるならば、
私は大事にしていきたいと思っている。


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら