大切なこと

お小遣い程度を稼ごうは、お小遣い程度すら稼げない。

こんにちは、星野紘子です。人とお金と時代に愛される40代ワーママです。私は出産をきっかけに、IT系の会社を退職、その後フリーランスになりました。フリーランスになった時に、一番困ったことは「はて、どうやって来月からお金が入ってくるんだろう」ということでした。会社員は大変恵まれている環境で、一定の時間を仕事に従事していれば、自動的に給料日にお金が振り込まれます。空気のように当たり前だったこのことが、退職してみて初めてどんなにすごいことか身にしみたんですね。そして、考えました・・・お金ってどうやって手に入るんだろう・・・

お金は圧倒的なギブの結果の賜物

お金はどうやって手に入るんだろう、の前に、お金ってなんだろうと考えてみます。お金というのは、自分から時空に圧倒的な価値をし続け、信頼という名のエネルギーが貯まった結果、そのエネルギーが何かのきっかけでチャリンと変換して目に見えたものです。チャリンと変換されるX地点はどこかだわからないし、いつ来るかもわからない。でもとにかく自分からギブギブギブしまくり、エネルギーを貯めることが大前提となるんですね。自分ができること、自分しかできないことを徹底して与えること。与えることがないのに、受け取ることはできません。お金は圧倒的に自分がギブした信頼という名のエネルギーの結果にあるものなのです。

お小遣い程度の価値提供じゃ、お小遣いも稼げない

そのため、「お小遣い程度を稼ごう」くらいマインドのギブ程度では、信頼という名のエネルギーは全く貯まらないのです。エネルギーが貯まらないと、そのX地点は永遠にきません。結果、お小遣い程度も稼げない、ということになります。これは私もアフィリエイトを少しかじった時に痛感しました。月に1万円くらいのお小遣いが欲しいな〜と思っていたのですが、そんなレベルでは月に売り上げを上げることはできませんでした。「お小遣い程度」のお金がほしいならば、まず自分から圧倒的な価値提供をする心構えが大事だと思います。逆にお小遣い程度と思っているレベルでは、結果は出ないので関わる時間がもったいないと思います。その分他に使った方が有意義ですね。

お金を稼ぐには、自分を満たすところから

圧倒的な価値提供をするためには、なにが必要なのかということなのですが、それは「自分を満たすこと」です。自分という名のコップに水がたまり、その水があふれ、次に家族という名のコップを満たしていく。そしてさらにあふれ、社会という名のコップを満たしていく。自分→家族→社会という順番で、エネルギーは流れていくので、社会という名の時空にエネルギーを貯めるには、結局は根本的な部分で自分を満たすことがマストなんですね。

「旦那さんと別れたい!だから自分が稼いで離婚してやる」みたいな満たされていない人にはそもそもお金は稼げないということではないでしょうか。満たされ、周りを愛し、結果愛され、どんどんギフトできる人が結果稼ぐ力を持っている。私がフリーランスになって知った一番の学びはお金の正体でしたよ。

お金のことをもっと知りたい方は、こちらのメルマガがオススメです!
「お金は稼ぐものではなくモテるもの」と提唱されている
福岡ともたけ さんの無料「お金モテstyle公式メルマガ」のご登録はこちら
ただし、お金と異性にもてたい方限定だそうです笑→ ⭐︎


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは、自分を言葉で表現することで、世界観を作り、人とつながることでお金をいただく新しい働き方です。

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

こんな暮らし方が待っています。

考えてみてください。子育てとは、子供の世話をしているのではありません。自分の母としてのキャリアを築く、かけがえのない時間。その時間を楽しみながら、経済的にも自立できる選択肢を持つのは、素晴らしいと思いませんか?

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。
お仕事を優先すると育児がおそろかになる。

このように時給の壁を感じている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。存在給とは、楽しい世界ですよ!

詳細はこちら