お金との付き合い方

自分の受け取っていい金額がわからない、の考え方

こんにちは、星野紘子です。
暮らしの中に働くことが溶け込むようなライフスタイル、
遊びが学びに、学びが仕事に、仕事が遊びになるような働き方に
シフトするお手伝いをしています。

 

これは特に今まで会社や組織でお給料として
お金をいただいている方にあると思うのですが、
「自分がいくら受け取っていいかわからない!」
という場面ってありませんでしょうか。
 
 
 
イベントをしたり
コミュニティを立ち上げたりする時
お客様からいただく場面ですね。
 
 
 
この答えは明快で
あなたが気持ちよくお仕事ができる金額
です!
 
 
 
いくらだったら自分がワクワクしながら
このお仕事に取り組めますでしょうか。
 
 
 
いくらだったら自分はエネルギーを消費しないで
目の前の方に価値を提供できますでしょうか。
 
 
 
競合他社とか関係なくて
基準は「あなた自身がワクワクする」こと。
 
 
 
自分の素直な気持ちに集中してみてください!
 
 
 
そして、その金額に価値を感じていただく方を
お客様にすればいいんですよ。

 
 
自分が中心。
自分のワクワクする気持ちが中心です。
 
 
 
これからの時代は存在給を受け取れるかどうか。
存在給というのは、時給の世界と違って
その方がその方らしくあるというだけで
お金をいただける未来の世界です。

 

時給というのはおなじみですよね。
1時間1000円で1日8時間働いて
8000円いただく概念です。

でも存在給は違います。
その方がいることに価値があるので
そこに値段をつけるのは
あなたのワクワクして仕事をする感覚だし
そこには競合他社はいません。

存在給の世界に行くためには
自分の心地よいと感じるセンサーを
磨くことはとても大事なんです。
 
 
 
いい意味で自分中心、自分発です。
 
 
 
情報発信をしているけれどイマイチだな・・
世界観はなんとなくあるけれど結果が出ないな・・
こういう方は今一度自分のお金の価値観と
向き合ってみてくださいね。
 
 
 
お金の基準は、あなた自身の心地よい
本音センサーになっていますか?

目指しているのは、女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作ること。

・子供を預けることに罪悪感があった
・自分を優先にできなかった
・本音を口に出すことができなかった

これは自分自身に向き合い、持っている価値観を丁寧に掬い取り、一つひとつ深く掘り下げていった過程を経て、初めて「自分の人生を生きている」と感じる出来事でした。

「女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作る」とは、私自身の経験から、自分の人生を生きる女性たちを象徴的に表しています。

メルマガはそんな私が日々感じること・学んだこと・ビジネスのこと・子育てやパートナーシップのことを日々お届けしています。

家族に応援され、自分の旅行を楽しむ私になるメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス