お便りコーナー

お便りをいただきました!

ナチュラル・ウーマンCEO
ほしのひろこです。

ではまずメルマガのご感想を
ご紹介しますね!

++++++++++++++++++

ひろこさんこんばんは
Kです。

*******
女性はね感性感覚が鋭く、
五感を解放させて感じることが大事です。
でも一方で、感じ取ったものを
自分の中に落とし込んでいくことも
同時に必要なんです。
*******
なるほど
 

私は感じること主体でバランスが良くなかったのだなと思います。
 

人に頼ってはいけない
自分でちゃんとやらなくちゃいけない
そんな思い込みがあったのだなと思い当たりましたが

○○でもよく他力を借りるといわれますが
又ひろこさんの女性は姫であること
の意味がわかりだしてそんな思い込みが緩んできた様に思います。
ありがとうございます。

+++++++++++++++++++++++

>私は感じること主体でバランスが良くなかった

あ〜、この気持ちわかります。
女性は体感覚が優れています。
感じるセンスが研ぎ澄まされています。

だからこそ、
その逆を行く具体=落とし込みが
大事なんですよ。

世の中に出回っている
「引き寄せの法則」

これは男性が書いたものなので
男性専用の引き寄せの法則です。

男性とは、もともと具体が得意。
だから、その逆を行く感性感覚を
解放すると、化学反応が起きて
引き寄せが起きる。

でも、女性はそもそも
体感覚が鋭く、
男性とは真逆なんです。

だから女性が
引き寄せようと思ったら、
感覚や感情ではなくて
表現する方法を手にすることです。

具体的には言葉です。

言葉で自分が描きたい夢を
説明してみてください。

思い描けるくらいはっきりと
言葉で表現できますか?

+++++++++++++++++++++++++++++

ひろこさん、オイルマネーの配布、ありがとうございます。

ひろこさんは、豊かな油田なので、ひろこさんのメルマガ、オンラインサロンでの学びなどは、オイルマネーです。

自分との対話が充分にできている人は、人としての在り方ができている!
これ、最近の気づきです。
自分の本当の欲求がわかっている人は、自分の人生や生き方を間違えない。
〇〇がしたいと思っていると自分で考えていても、もしかしたら、本当に自分がしたいことは、少し違うことだったり、する場合がある。

ネガティブな感情は、自分の本音に気づくヒントなのですね。
私が一番、話すべき相手は、自分なのかもしれないと気づいた今日この頃です。

可能な内容なら、姫プロのサロンを使わせていただきますね。

ありがたいお声かけ、嬉しいでーす

話せない内容は、数年後の私の自叙伝で暴露するかもしれません。
暴露するネタもしっかりとっておきますね。

私の中で、オイルマネーは確実に増えています。
私も私の形で、オイルマネーをばら撒きますね。
どんな形になるか、楽しみです。
それでは、また、よろしくお願いしまーす

オイルマネー嬉しいです!
どんどん周りを豊かにします☆

++++++++++++++++++++++++++++

>自分との対話が充分にできている人は、
>人としての在り方ができている!

本当にそうなんです!
まず自分とおしゃべりができること。
他人とのおしゃべりはずっと後。

自分が何を望み
どんなことをして欲しいのか。

本当の自分の声に耳を傾けて
目指す未来を言語化してみることが先です。

人は、自分をさらけ出す場が必要です。
安心安全なところで、批判されることなく
ありのままの自分を表現できる場って
とても貴重です。

ありそうで、ないでしょ。

女性としての在り方を学びながら
情報発信を始めるサロン、
「姫」プロジェクトがそんな場で
あれば嬉しいです〜。

>私の中で、オイルマネーは確実に増えています。
>私も私の形で、オイルマネーをばら撒きますね。

いいですね〜。
油田はみんなを豊かにします。
豊潤な暮らしをギフトする
オイルマネー同じく、
私も周りの人をもっとハッピーにしたいと
思いました。

目指しているのは、女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作ること。

・子供を預けることに罪悪感があった
・自分を優先にできなかった
・本音を口に出すことができなかった

これは自分自身に向き合い、持っている価値観を丁寧に掬い取り、一つひとつ深く掘り下げていった過程を経て、初めて「自分の人生を生きている」と感じる出来事でした。

「女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作る」とは、私自身の経験から、自分の人生を生きる女性たちを象徴的に表しています。

メルマガはそんな私が日々感じること・学んだこと・ビジネスのこと・子育てやパートナーシップのことを日々お届けしています。

家族に応援され、自分の旅行を楽しむ私になるメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス