家族

息子たちは金星人

4歳と3歳の息子を見て思うこと。男女は金星人と火星人ほどちがう!!ということ。息子たちは金星人♪そうそう、私は違う惑星の子供を育てています。

料理の手を止めて廊下をふとみると、なぜか息子たちが着ていた洋服が散乱していました。あれ???オムツまである。も、、、もしや・・・

はい、そのもしやです。押入れの中で生まれたままの姿でキャーキャー騒いでいる息子たちを発見しました。

なぜ全裸?寒いよね、今12月です・・

なんで脱ぐんだろーーー。理解不能です。

私の結論は「息子たちは金星人なんだ。理解できなくて当然だわ。危なくなければOK!」でした。

誰かを傷つけたり、危ないことをしていないなら大目に見ます。

というよりも、他を手放していかないと精神が持たないのだーーー!

いちいち細かいところを気にしていると身が持たないので、自分がコントロールできない子供の言動は大切な核の部分をしっかりと掴んでいれば後は適当に手放すことにしました。

これが私の今月手放したことかな。

満月から新月に変わっていく今この瞬間は、見直し・手放し・調整に時間を当てるのがいいと聞きました。

さ、さ、肝心なところ以外は手放そう

コントロールできない子供の言動にイライラして自分の大切なエネルギーを漏らさないようにします♪

男女は金星人と火星人ほど違う。見た目はなんとなく同じに見えるけれど、中身は全然違うんだと自覚しました。

目指しているのは、女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作ること。

・子供を預けることに罪悪感があった
・自分を優先にできなかった
・本音を口に出すことができなかった

これは自分自身に向き合い、持っている価値観を丁寧に掬い取り、一つひとつ深く掘り下げていった過程を経て、初めて「自分の人生を生きている」と感じる出来事でした。

「女性が、家族に応援されて、自分の楽しみのために旅行にいける社会を作る」とは、私自身の経験から、自分の人生を生きる女性たちを象徴的に表しています。

メルマガはそんな私が日々感じること・学んだこと・ビジネスのこと・子育てやパートナーシップのことを日々お届けしています。

家族に応援され、自分の旅行を楽しむ私になるメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス