女の生き方

簡単で誰でもできる、自分を豊かにするちょっとしたコツ

時給から存在給へ。
姫ism 星野紘子です。

最低でも月に1〜1.5万円は
自分に投資してくださいね。
時間とお金はまず自分へ。
それから家族に。

先日のイベント、
「働き方のアトリエ」にご参加された方から
ご感想をいただきました。

子育てと仕事とのバランスや働き方で悩みつつ

自分に問いながら出てきたものは

私はやっぱり

家庭も仕事もどっちも大事。
仕事を通じて得られる喜びも

家族、家庭の時間も、どっちも大切に過ごしたい。

だけど今のままでは

こっちをとったらこっちが疎かになる・・・

そんな働き方に、どこか自分を説得しながら

やり過ごしてもいましたが

「暮らしの中で働く」

「働き方から生き方をデザインする」

そこを私も体現してきたい。

そう思いつつもいまひとつ、方向性が見えてこないことに

悶々としていました

実際はどう進んでいけばいいんだろう。

本当はどうしたいんだろう。

と、向き合いながら少し迷子になっていました。

ビジネス講座に参加させてもらっている最中ですが

今一度、ここの存在給への道。考え方を整理して進むヒントにしたい。

そう思い参加しました。

紘子さんのリアル経験のお話には毎度ながら

ものすごく共感します。

そうして、その進むお姿にも勇気をもらいます。

頂く問いから、私の中にあるものを引き出してくれ

大切にしたいこと。していること。伝えていきたいことが、繋がりました。

この問いが絶妙です。

はじめてご一緒する参加者さん同士でも気兼ねなく何でもお話できる「場のチカラ」にも感動します。

本音トークが出てくる出てくる。

ここを出せる場、話せる場ってなんて有難いんでしょう。

生き方、働き方を変えたい。

アップデート時期に進む方向は間違っていない。

と、思え再確認できる時間となりました。

やっぱり、他力って大事ですね。

ありがとうございました。

ご丁寧にありがとうございます!
こんなにたくさんのご感想をいただき、
幸せです〜。

そうそう、子育ても仕事も
どちらも手にしていい。
どちらも立派なキャリアだから。
子育て「and」仕事の人生を選びましょう。

「誰をどう幸せにしたいのか?なぜ?」
この使命が立つと、生きるのが本当に楽になります。

でもなかなか見つからない。
だってそんなこと、考えて生きてきたことないから。
だから他力を頼って欲しいです。

本当はね、使命はもうご自身の中にある。
ただ、自分の中にあるからこそ
それを引き出す他力、問いが必要になります。

今回のイベントが
心から湧き上がる使命を見つけるきっかけに
なったのならこんなに嬉しい事はありません。

働き方生き方にグルグルしている方、
来月来てね♪
詳細はメルマガにてご案内します。

さて、突然ですが、
あな
最後に下着を変えたのはいつでしょうか。

下着ってね
女性の自己肯定感を上げる
秘密のアイテムだと私は考えています。

そして満たしの必須アイテムだとも。
女性はまず下着から自分を満たす。
誰も見ていないところでしょ?
だからこそ丁寧に。
自分自身だと思って慈しむ。

自分自身を大事にする、
満たす感覚がわからないなら
下着を新調してみてください。
気分がグーンと上がりますよ。

私、女性は自分に対して
月に1〜1.5万円は投資して欲しいと思っています。

お化粧品、ネイル、洋服。
投資先はなんでもいいのですが、
まず自分です。

お金が入ったら
その分だけ先に取っておき
次に家族へ。

現実問題それが難しいなら
時間だけでも
先に自分へ投資してくださいね。

まずは自分から満たす。
下着を新調する!

パートナーへの
マナーでもありますww

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから