家族

息子の体温を生温かく感じる幸せ

こんにちは、星野紘子です。いよいよ今日でお正月休みが終わりますね。息子たちも明日から保育園が始まります。

お正月休み最後のお休み、ということで今日は子供達は家で遊びました。いつも以上に甘えん坊で、「大好きママ、大好きママ」とピッタリと私に寄り添ってくれる長男。もう可愛くて可愛くて。

子供の体温を生温かく感じるその瞬間に、「幸せだなー」と思いました。

こういう幸せな感情って地味なんですよね。

でも丁寧にすくい取っていうことで、自分がどんな時に幸せなのか知ることができるんです。

私の場合でいうと、やっぱり家族と一緒に過ごしているときかな。安心するんですよね。

人によって幸せだと感じる時って違います。

・家族と一緒にいる時
・気のおけない知人とおしゃべりをしている時
・パートナーと一緒に過ごす時間
・五感を解放している時
・旅行に行っている時

自分はどんな時に心の芯がじんわりとする幸せを感じるのか知るって、実はとても大事なんじゃないかな。

なぜなら、そこがきっとその人にとっての人生の重心になるから。軸になるから。

これまでのルールと外れてても良くて、自分の感覚を大事にしたルールを知る、軸を知る、特徴を知ることがきっとこれからの時代の生き方を創っていくんだなと思っています。

私もまだまだ深掘りが足りないけれど、でも軸の一つは間違いなく家族時間がありますよ。

子供たちが小さい今の瞬間を大切にできる自分でありたいですね。

息子が寄り添って「大好きママ、大好きママ」と言ってくれるのは、もう間違いなくいましかないですよね。小学校くらいまでかな、、と思っておりますが、どうなんだろう。

男の子って純粋で本当に可愛い^^

「ナチュラル・ウーマン養成講座」

家族との時間が増えるほど、お金が増える
女性としてナチュラルな生き方をする
幸せな女性「ナチュラル・ウーマン」を目指す方へ

働きたいけれど、その分家族との時間が減るのが辛い。仕事というと、企業での正社員復帰かアルバイトしか選択しかないと思っていませんか。

少し前までの私はまさにそうでした。仕事とはお金のために時間を差し出すことで、その分家族との時間が減るのは仕方がないことだと思っていました。

会社勤めの時は、通勤電車に飛び乗り1時間かけて都内に通っていました。家事と育児の両立はいつも課題で、息子たちとの時間を作ることをいつも悩んでいました。

しかし、2018年夏会社を辞めて、それまで携わってきたオンラインサロンの運営のみに集中してみると、在宅で心にゆとりを持って働けるだけではなく、家族との時間も増えて収入も増えていったのです。

どのようにして私が生き方を変えることができたのか。その秘訣をメルマガでお届けしています。ピンときた方は詳細をご覧ください。
詳細はこちら