大切なこと

理想のライフスタイルを実現する3つのステップ

「独自の世界観やライフスタイルを持ち、
しっかりと自分の足で立っている人を増やしたい!!」

熱く考える最近の私です。

人はそれぞれ独自の世界観と自分に合ったライフスタイルを持っています。
でも、今までは様々な要因で、その世界観を封印していることはありませんか。

仕事柄、たくさんの方にインタビューをする機会がありまして
人って本当にそれぞれの価値観があるんだな、と感じておりました。
でも逆にみんな同じようなライフスタイルに違和感も感じていたのです。

これからの世の中は、今までとは逆で尖りまくった方がよく、
自分がどんな価値をもっているのかを知り、
それを世の中に知らしめ、
価値をコンテンツに変える仕組みができれば、
もっと多くの方が自分が望むライフスタイルで生きていけるのではないでしょうか。

自分が望むライフスタイルに必要なことを、
私は3つだと考えました。

1,自分が目指す理想の世界を考えること
2,人との差異を知り、自分の価値を知ること
3,価値を世の中に認知させ、コンテンツを売る仕組みを作ること

1~3のように、抽象度の高い視点と具体を両方兼ね備えると、
人生は好転してくるのではないでしょうか。

1,自分が目指す理想の世界を考えること

これは在り方、志とも表現されると思います。
自分がどちらの方向に向かって歩んでいくのか。
この抽象度の高い視点は大事ですよね。

普段普通に生活していると
なかなか大きな視点をもつことは難しいです。
でも、普段の生活とは、
志へ向かうために落とし込んでいるんですよね。

そう考えると、
向かう先なくしてタダ単に毎日を過ごすのは
時を浪費しているのかもしれません。

2.人との差異を知り、自分の価値を知ること

その方の価値とは、他人との差異から生まれます。
自分と同じバックグランドを持っている人は
この世に一人といないので、
価値がない人はこの世にはいません。

問題はそこに気がつくかどうかですよね。

どうやって気がつくのか・・・

これは「人」にあって、会話をするしかないと思うのです。
自分では分からないです。
鏡がないと自分が分からないのと同じで
だれかに投影しないと、本当の自分の価値を
知ることは出来ないかもしれません。

3.価値を世の中に認知させ、コンテンツを売る仕組みを作ること

秋から、私は名古屋までPR塾に通います。
その理由は3について知らないからです。

今までお会いしたお客様を含めた中で、
素晴らしい商品を持っていても
それを売る術を知らない方はすっごく多いんですね。

でも私が具体的にアドバイスすることができず、
もどかしい思いをしていました。
そこで、今回知識をインプットしようと思いました。

あとは、私の特性として、
目の前のお客様の変化が
モチベーションにつながるため
実際に「売る」仕組みを作ることは
私にとってもハッピーなんです。

「独自の世界観とライフスタイルを持ち、
自分の足で立つ人を増やしたい」

私が目指している理想の世界です。

自分の足で立つ良い意味で独立した人や企業からなる
世界規模のコミュニティを創り、
貧しい子供達にも未来にチャレンジできる仕組みを作ることを
長期的な目標にしておりますが、
まずは”ユニークライフ”(おお、このネーミングいいね!)
な人や企業を世界中を増やしたいんですね。

一緒に”ユニークライフ”を目指しませんか~!?
(↑さっそく使っている^^;;)

独立するのは、やはりきちんと売る仕組みを作り
経済的に自立することが大事。
そして、一人じゃ無理かもしれません。
コンテンツ制作に欠かせない自分のポジショニングは
「人」を介してしかわからないからです。

自分が思っている価値はたいしたものではないですね。
本当のその方の価値は、
何かに投影して見て初めて気付くのではないでしょうか。

鏡がないと本当の自分の姿が分からないのと同じで。

また、売り方は人によってやり方は違うというのは重々承知ですが
何か一つ型がないと動けないのも事実。

今、私が足りないところを補うために
パズルをはめ込むように
まずは型をインプットしてきます。

PRという今の時代の必須スキルを磨き、咀嚼し
向かう世界に共感して下さる方に
しっかりと循環していきますね!!


【無料メールマガジンのご案内】

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

詳細はこちら