大切なこと

感じる。私が変わる。

姫であること
ウーマン美人学
ほしのひろこです。

姫とは、
自分の人生を生きる女性のこと。

令和の女性の在り方を
【ウーマン美人学】として、
視点、考え方をお届けしています。

いつもお読み下さる皆様、
感謝の気持ちでいっぱいです。

人は、
感じることと考えることを
同時にできません。

女性は考えることを手放し、
自分の感覚を
研ぎ澄ます時間を
取ることが大切です。

なぜなら、
女性は五感が優れているから。
その感覚感性を取り戻すことこそ
自分の本音に気がつく
土台だからです。

思考→感覚重視に

予定がない日を作ると
「感じる」ことができます。

私は少し歩いて
緑いっぱいの公園に
最近行くのですが、

そこでのんびりしている
人を観察したり、
木々の緑を眺めたり
頰を撫でる風を
感じたりしています。

人は、
感じることと考えることを
同時にできません。

今まで考えること、
思考優位に生きてきた私は
今、あえて感覚重視に
戻そうとしてます。

見えないものは信じられない

私は1年と少し前まで
とにかく見えないものは
信じられない人でした。

ヒーリングなども
理解できず、
(そもそも理解するものでは
 ないのですが…)

どんな物質が飛んでくるんですか?と
質問して
苦笑される始末でした。

ロジックを積み上げた
先に正解があると信じ、
その道から外れることは
考えもしませんでした。

もともと
Webプロデューサーでして、
Webのプログラムみたいに
こちらで入力すると
必ず形になってアウトプットするような
世界に長かったものですから、

あるのかないのか
わからない世界の話には
ついていくことが
できなかったのです。

ロジックの限界

でも、限界を感じました。

自分が本当に
やりたいことを
一生懸命考えても
何も出てこない。

考えるほどぐるぐる回り
結局「できること」しか
見つかりませんでした。

そうではなく
「やりたいこと」
「成し遂げたいこと」は
自分の本音が知っている。
本音を感じ取るためには
自分の五感を解放すること。

そう教わって
最初は半信半疑でしたけれど
感じる時間を
取るようにしました。

今、私は女性の在り方を伝えて
いきたいと思っています。

1)満たす
2)調える
3)的を出す
4)受け取る

この4つのステップこそ
女性のあるべき姿。
お金もチャンスもパートナーシップも
循環させることができるのです。

この女性の在り方を
伝えたいという気持ちも
心の底に眠っていました。

それを自分で掬い取って
感じることができるようになって
初めて言葉にすることができました。

考えないで、感じる。

カンフー映画『燃えよドラゴン』の
中で、主演のブルース・リーが

「Don’t think, FEEL!!!」
(考えるな、感じろ!!)

と言うシーンがあるのですが
まさにそう。

考えないで
感じる時間を持ってください。

五感を解放する。
感性感覚を研ぐ時間は
女性が自分の人生を
生きるためにも
必要なことだからです。

Be Lady
Be Colorful!

ほしのひろこ

Don’t think, FEEL!!!
(考えない、感じて)♡

この記事がよかったら
お友達にブログを紹介してくださいね♪

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法

存在給とは..

・暮らしに必要十分なお金を稼ぎ、経済的に自立をしていて、暮らしの中に働くことが溶けていく働き方
・家族に応援されながら自分の楽しみのために旅行にいける現実を楽しむ
・遊びが学びになり、学びが仕事になり、仕事が遊びになる

育児を優先すると、仕事が少なくお金が稼げない。お仕事を優先すると育児がおそろかになる。
母親ならば、「仕事よりも育児を大事にしなければならない」という価値観
子供の成長に合わせて、その時ベストな働き方をしたい」

このような課題を抱えている方には、ぜひ手にとっていただきたい無料メルマガです。

子育てママが、時給から存在給へシフトする方法
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス