育児

IKUJI(新しい育児)の形

こんにちは。
子育てママを、時給から存在給へ。
姫ism 星野紘子です。

働き方を変えたい!と
思う理由ってなんでしょう。

もっと子供と一緒に過ごす時間が欲しい。
もっと夫婦で過ごす時間が欲しい。
もっと収入を上げたい。

様々な理由がありますね。

働き方というのは暮らしの中にあるもの。
ですので、どう暮らし方を変えたいのか?
という視点を大切にして欲しいのです。

鍋の中に美味しそうな
ビーフシチューがあります。
前日から煮込んでいるのか
牛すじは今にも崩れ落ちそうなくらい
柔らかい。

人参もジャガイモもとろとろに溶けて
スプーンの上でエキスになってる。

生クリームをちょっと垂らすと
見た目も美味しそう。

仮にこのビーフシチューをより一層
美味しくするにはどういたしますか?

何か材料を加えるにしろ
調味料を加えるにしろ
新しく何かを仮に加えたとしたら
味見をして全体を整えますよね。

そうしないと
味のバランスが崩れてしまいます。

働き方も、暮らしというビーフシチューの
一部に過ぎません。
育児もそうです。

だから、暮らしの中で一部の
働き方だけを変える
というのはちょっと難しいのです。

あなたが
働き方を変えたい!と願うなら、
働き方だけではなくて
今の暮らしを構成している他の要素も
修正していかないと
全体のお味が整いませんね。

だから、
働き方を変えるならば
育児のスタイルも変えていくことが
大事ではないかなと考えます。

育児。

これは働くママに
とって大きな課題です。

だからこそ、選択肢を
増やして欲しいのです。

私がベビーシッターを
お勧めする理由はここにつきます。

大人の手がある方はいいのですが
そうでないならば
プロの手を借りてみませんか。

暮らし>働く
暮らし>育児

働くことも育児も
暮らしの中にあって
分離するものではありません。

どちらも暮らしの中で
調和している姿が理想です。

これが令和最前線の働き方です。

先日行いました
ベビーシッター体験シェア会の
ご感想をいただきました。

↓↓↓↓↓

====================

紘子さん

○○です

昨日はありがとうございました!
たくさんの視点いただきました。

子どもいないから関係ない、じゃなくて
知ることで伝えられることもあるし。
知れる世界もあるし。

あと、なんといっても
自分がなりたい姿を一足先に実現してる
成功?というのか?
そういう方が、なんの視点でそれをおススメするのか
良いと感じているのか
それが知れる事、そこまで視座あげる
視野広げて人の話を聞いてみると
関係なくないんですよねー

介護も育児も
休む許可できないとか
お願いできないとか
知らない

育児は子どもいない人は体験することが
少ないかもしれないけど。

介護は必ずあるんですよ、人生の中に。
誰もが親から生まれてて
いちお、幸せな順番からして親の方が先に逝く。
介護状態になるかどうかは別として。

たくさんの選択肢をしっておくという点では
共通点だらけ。

自由と幸せを手に入れるための
共通点だらけと感じてます。

みんなもっと参加すりゃよかったのに
もったいない

私のもったいない、ここ(笑)

ではー

ポカポカ日和で気分は最高♡
いつもありがとうございます。

====================

ご丁寧な感想をいただきまして
嬉しいです。
どうもありがとうございます。

暮らしの中で
大きなウェートを占める
育児と介護は共通点がたくさんあります。

どちらも選択肢を知っておく。
大切ですよね。

また、このように視座の高いところからの
ご感想は受け取っていただいた方に
新しい価値を届けてくださいますね。
どうもありがとうございます。

育児は社会で担うものです。
一つの家庭で完結するものではなくて、
社会全体で子供たちを育てるという
発想もお届けできれば幸いです。

子育てママを、
時給から存在給へ。
働き方も育児も
暮らしに溶け込むような生き方を。

働き方を切り口に、暮らし方、生き方のヒントをお届けしています。
無料メルマガにぜひご登録ください。

【働き方】時給から存在給へ。お金を自分で生み出し、圧倒的に自由で豊かな私になるメルマガ


◎このような方におすすめです
・子育てと仕事の両立で疲れて切っている方
・新しい働き方の活路を見出したい方
・時給×存在給のハイブリッドをまずは目指したい方
・結婚後、出産しても自分らしいキャリアを築きたい方
・そろそろ子供の手が離れて働きたい方
・オフラインの仕事をどうオンラインにしたらいいか分からない方
・会社員を辞めたいけれど、その先が分からない方
・思うような求人がなくて、働き口に悩んでいる方
・そろそろ自分も働こうと思っている方
・働く選択肢が、正社員かパートしかない方
・お金を稼げる自分でいたい方
・働き方を変えなきゃと、悶々としている方
・子供が家に帰ってくる時間にいたい方
・自宅から一歩も出ない、オンラインで収入源を確保したい方
・家族の時間を大切に働きたい方
・コロナで仕事を変えないといけなくなった方
・もっと暮らしにゆとりを持ちたい方

まずは詳細をご覧ください。
こちらから